カードローンとキャッシングの違いとは?

MENU

カードローンとキャッシングの違いってなんですか?

 

カードローンとキャッシングは似たようなサービスである事から、どちらも同じものと考えている人は意外と多いのではないでしょうか?

 

確かにお金を借りるという点で同じですが、実は違いがあります。

 

そこで今回はカードローンとキャッシングの違いについて解説していきたいと思います

 

 

カードローンとは?

 

カードローンとはローンカードやキャッシングカード、クレジットカードを使い、窓口やATM、CDからお金を引き出すことです。
利用限度額が契約によって決められ、その額内で自由に繰り返しお金を引き出すことが出来ます。

 

利用するにも当然審査があります。
担保や保証人不要となりますの個人の属性や信用情報が重要な審査材料となります。

 

一昔前のカードローンですと小口融資が基本でしたが、最近は限度額に非常に幅があり、少ないものだと数十万円程度ですが大きい金額になると数百万円、中には1000万円まで借り入れ可能なカードローンも有ります。
ですからちょっとしたお金が必要という方から大口融資を受けたいという人まで幅広く対応しているのがカードローンです。

 

返済方法は基本的に普通預金口座から引き落としとなります。

 

返済金額はカードローンの利用残高によってスライドしていきますが、定額返済のリボ払いとなるのが一般的です。
限度額が大きくなるほど金利は低くなり、逆に限度額が低いと金利は高くなります。

 

カードローンは長期返済を前提としていますので、金利はキャッシングに比べて低いです。
但し返済が長期化するとその分利息を多く払わなければいけませんので注意しなければいけません。

 

 

キャッシングとは?

 

キャッシングとはクレジットカードやキャッシングカードを使用して銀行や消費者金融などの窓口やATM、CDにてお金を引き出す方法を言います。
引き出せる金額の上限は審査によって決定しますが、小口融資が基本となりますので金額は少なめです。

 

クレジットカードのキャッシング枠が一番馴染みのあるキャッシングと言えますが、クレカのキャッシング枠は正直少ないですよね。
5万円〜20万円、多くても30万円前後に設定されている方が殆どではないでしょうか?

 

クレジットカードはショッピング枠がメインでキャッシングはどちらかと言うとおまけ的な機能です。
その為、貸付枠は少額となります。

 

返済方法は翌月一括返済が基本となります。
クレジットカードのショッピング枠とは異なり一括払いでも必ず金利手数料が発生します。

 

 

カードローンとキャッシングは何が違う?

 

カードローンとキャッシングの違いは、まず利用限度額の大きさです。
キャッシングは小口融資ですがカードローンは数百万円まで借りる事が出来る大口にも対応しています。
数万円程度のちょっとしたお金が必要なときはキャッシングでも十分ですがまとまったお金が必要という場合にはカードローンのほうが適しています。

 

次に返済方法です。
キャッシングは翌月一括払いが基本ですが、カードローンはリボ払いや分割返済が基本です。

 

最近はキャッシングでも分割返済に対応しているサービスが増えていますので返済の違いはなくなってきています。
ただキャッシングは金利が高いため分割返済するのは賢い返済方法とはいえません。

 

審査基準は基本的にカードローンのほうが厳しくなります。
と言うのもカードローンのほうが金利が安いですし、借りれる金額も大きいからです。
それだけ金融機関にとってはリスクが大きくなりますので慎重に審査をせざるを得ないのです。


第1位 アイフル


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須