お金ピンチ!今月はお金がなくなって金欠気味。どうすればよい?

MENU

お金ピンチ!今月お金がない場合どうやって金欠を乗り切る?

 

お金が無くてピンチなら

カードローンが便利で安全

↓ ↓ ↓ ↓

第1位 アイフル


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 

 

 

「クレジットカードを使いすぎた、友達と遊びすぎてしまった」
「冠婚葬祭が偶然にも重なってしまった」
「予定もしていなかった出費が・・・」
...などなど、お金を使いすぎてしまって「今月はかなりお金がピンチ」なんて経験されたことはないでしょうか?

 

 

計画的に使わなければいけませんが、事情があって使いすぎてお金がピンチになってしまうことだってありますよね?

 

ですが「お金がピンチ、でも仕方ない」で済ませられるものではなく、「今月はお金がピンチだけど給料日までどうやってのり切ろうか?」と考えなければいけません。

 

 

今月お金がピンチの場合どうやって金欠を乗り切ればよいのでしょうか?

 

ここではお金がピンチの時にどうしたらいいのかといった解決策をまとめてみました。

 

 

【このページの目次】

 

お金がピンチであれば、まずは徹底的に節約する

 

そもそもお金がピンチな金欠になる原因は「お金の使いすぎ」にあります。

 

お金がピンチになる前に収入に見合わない無駄な支出がないかを振り返ってみましょう。

 

削れる所は削って節約を意識し、行動に移すことがお金がピンチにならないために大切です。

 

 

ただし、一気に無理して節約しようとすると続きませんので、普段から無理のない節約をすることが「お金がピンチにならないための健全な節約」につながります。

 

 

家計の中でも「食費」は大きく占めていますので、食費を節約すれば1番お金がピンチにならずに済みます。

 

食費は意外と無駄な支出が多い項目です。

 

 

例えば、飲み物1つ取ってもそうですが、ペットボトル飲料をコンビニで買えば1本150円以上するのが殆どです。

 

しかし、同じペットボトル飲料でも、スーパーやドラッグストアなら100円以下で買うことが出来ます。

 

 

ケースで購入すればより安く手に入れることもできます。

 

一つ一つがお金がピンチにならないようにするコツです。

 

このように商品1つとってもお店によって価格が全然違います。

 

 

 

コンビニは確かに便利ではありますが、単価が非常に高いことにお気づきかと思います。

 

これが実はお金がピンチなる一つの原因です。

 

 

ですから普段の買い物では出来るだけコンビニの利用は避け、スーパーやドラッグストアを利用するようにしましょう。

 

更に飲み物でいえば、ペットボトルなどを毎回買わず、水筒を持参するようにしましょう。

 

 

そうすれば飲料水を買う必要がなくなり、飲み物代を節約することができ、お金がピンチにならないことにつながります。

 

 

「食費をなかなか減らすことができないでお金がピンチ」といっている人に限って、食材を無駄にしていることが結構多いです。

 

例えば、パンの残り一枚や野菜を使わず捨ててしまっている...などなど。

 

 

食材を無駄なく使うことで、無駄な出費を抑えることに繋がります。

 

お金がピンチにならないためにも、買った食材は使い切るようにしできるだけ廃棄しないようにしましょう。

 

 

無駄使いを防ぎ、お金がピンチから解放されるためには、「買い物を計画的にする必要」があります。

 

何も考えずに買い物をしてしまうと、どうしても必要ないものや冷蔵庫にあるものまで買ってしまいます。

 

 

ですので、お金がピンチにならないためにも、買うものをきちんとメモにまとめておきましょう。

 

そうすることで例え安くなっているものでも無駄に購入することが無くなりお金がピンチにならずにすみますよ。

 

 

 

また、買い物はマメにするのではなく、1週間分ぐらいまとめて購入するほうが良いです。

 

お金がピンチになる前に、特売日や安くなる時間帯に行き、まとめて購入してすぐには使わないものを冷凍保存しておく。

 

こうすることで、無駄な買い物を防ぎ、食費を抑えることが出来ます。

 

 

「食費を節約すると聞く」と、「単純に食事の量を減らさなければいけない」と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、食費を節約しつつ食事の量を極力落とさない方法があります。

 

 

スーパーでは毎日のように割引セールを行なう時間帯というのがあります。

 

ですので、この時間帯を狙って買物をするのです。

 

 

物によっては半額で購入できるものもありますので、食費は抑えられるのに量は変わりません。

 

生物なら閉店時間に近くなると半額以上の割引もされることが多いですから、それを狙ってお金がピンチになる前に購入し、冷凍保存しておけば必要な時にその食品を使って料理できますよね。

 

 

 

「食費を節約するために買いだめをす」るという方は多いのではないでしょうか?

 

確かに「買い物する頻度を抑える」という意味では有効な節約方法で、お金がピンチに対して効果があるように思えます。

 

 

しかし、あまりにもまとめ買いをしてしまうと「本来買う予定ではなかったもの」も買ってしまいがちです。

 

特に安売りをしていると、必要なくても買ってしまうことが多いのではないでしょうか?

 

 

その時はお得な買い物をしたかのように思えますが、後になって冷静に考えると意外と必要のないものだったりします。

 

結局、それが食費の圧迫に繋がりお金がピンチになるのです。

 

 

「まとめ買い」はお金の使い方が意外と大雑把になったりするもの。

 

まだ家にあるにも関わらず、「安いから」といった理由で買ってしまうのは、お金がピンチになる原因となりえます。

 

食費を少しでも抑えたいなら、本当になくなってから買うのがベストです。

 

 

食費を抑えるために大切なことがあります。

 

それは「1日に使える金額をオーバーしないようにすること」です。

 

まず、お金がピンチにならないためには「1ヶ月に使える食費を計算」し、そこから「1日にいくらまで食費に使えるか」の金額を出してみましょう。

 

 

家にあるものを売ってお金がピンチになるのを凌ぐ

 

お金がピンチの時は自分の家の中を見渡してみましょう。

 

使わなくなったもの、不要なものがあれば思い切って処分してみましょう。

 

 

「処分する基準がわからない」という場合は、「1ヶ月以上使っていないものは処分する」といったように決めると良いかと思います。

 

一般的な品物であれば地元のリサイクルショップを活用し、「ブランド品や貴金属」など手放すのが惜しい物は「質屋」といったように使い分けると良いです。

 

 

「質屋」は買取のイメージが強いですが、品物を預けることで一定期間現金を借りる事ができ、期限内に返済すれば預けた品物が返ってくるシステムも有ります。

 

今お金がピンチでも後々入ってくる予定があるのであれば無理に売らないで、「一時的に借りるという方法でお金がピンチな時をしのぐ」と良いでしょう。

 

 

ただ、質屋での借入は「金利が高いこと」「返済期限は原則3ヶ月と非常に短いこと」「もし返済できない場合は預けていた品物は失うこと」といったデメリットもあります。

 

例えお金がピンチだとしても、これをきちんと理解した上で利用するようにしましょう。

 

 

ただ、質屋では「返済できなかった場合」は、品物を失うだけで「督促」や「取り立て」は一切ありません。

 

ないことを考えるとカードローンで現金を借りるよりもリスクは少ないといえるかもしれませんね。

 

読まなくなった本もあれば、お金がピンチの時には買取を検討してみると良いでしょう。

 

 

漫画であれば大手チェーンの古本屋でも問題無いですが、漫画以外の本は地元の古本屋の方が高値で買い取ってくれる可能性が高いです。

 

リサイクルショップや古本屋が近くに複数件あるのであれば、査定だけしてもら一番高く買い取ってくれるところを選ぶようにしましょう。

 

お金がピンチの時は少しでも高く売りたいですね。

 

 

近くに買取りしてくれる店がない場合は、インターネットを活用して出張買取を利用してみましょう。

 

出張での買取査定も基本的には無料で行っていますので、こちらも比較することが可能です。お

 

金がピンチでも焦ってはいけませんね。

 

 

 

趣味嗜好の高いマニア向けの商品をお持ちであれば、リサイクルショップに売るより「オークションを活用すること」をオススメします。

 

オークションのほうが高値で売れる可能性が高いですから、お金がピンチになっていても、しっかり考えて品物によって使い分けることが大切です。

 

 

オークションで少しでも高値で買い取ってもらうためには、「写真のとり方」が非常に重要となります。

 

また、商品の説明も出来るだけ詳しく書き、購入希望者が知りたいことを説明欄を読めば分かるように、きちんと記載しておきましょう。

 

お金がピンチの時ほど丁寧な作業が実を結びます。

 

 

最近では「フリマアプリ」も出てきており、スマホだけで手軽に出品することが出来ます。

 

利用者が非常に多いですから落札される可能性が高いですからためしてみると良いですよ。

 

ネットオークションについてはここを参考に⇒ネットオークションってどんな仕組みなの?

 

 

どうしてもお金がピンチな時の【秘策】

↓ ↓ ↓ ↓

第1位 アイフル


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 

 

 

どうしてもお金がピンチの時は「カードローン」で借りることを検討してみると良いでしょう。

 

不要品を売るのも悪くないですが、正直まとまった金額を手にするのは難しいです。

 

 

ですから、お金がピンチで必要としている現金を用意するのは難しいかもしれません。

 

であれば、一時的にお金がピンチな状態の時には、カードローンでサクッと借りてしまったほうが良いかと思います。

 

 

 

カードローンは無担保ローンとなるため、他の有担保ローンに比べ金利が非常に高いです。

 

銀行でも年14%、消費者金融で借りるとなると年18%の金利でお金を借りることになります。

 

 

普通に考えればこの金利で借りようとは思いませんが、それに特にお金がピンチの時には見合うだけの利便性がカードローンにはあります。

 

 

まず、申し込んでから実際に借り入れできるようになるまでに必要とする期間は、たったの1日です。

 

手続きがスムーズにいけば、申し込んだ当日中に融資をうけることだって難しくありません。

 

 

お金がピンチですぐに現金が必要な時には本当にありがたいですね。

 

「通常のローンではあり得ない速さで借り入れできる」のが、カードローンの特徴です。

 

 

しかも、カード発行を待たずに指定の口座に入金してもらうこともでき、自宅から一歩も外に出ることなく、融資を受けることも可能です。

 

お金がピンチで外にでる時間があまりない時には嬉しいですね。

 

 

そして、カードローンは限度額内であれば何度でも借り入れすることができます。

 

通常のローンですと、融資は一度きりで、後はひたすら返済となります。

 

 

ですが、カードローンなら設定された限度額内であれば繰り返し借り入れすることができます。

 

お金がピンチの時に必要な分だけ借りるといった使い方も可能なのです。

 

ココも読んでおくとグッド⇒カードローンとキャッシングの違いってなんですか?

 

 

実は金利ゼロで借りる事もできる!?

 

 

第1位 アイフル


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 

 

カードローンの金利は非常に高いですが、金融業者によっては「一定期間利息無しでキャッシング可能」なカードローンもあります。

 

お金がピンチな時に金利ゼロはかなり魅力的といえるでしょう。

 

 

主に大手消費者金融が提供しているサービスで、例えば「借入日の翌日から30日間は無利息」といったように、指定された期間内に返済した分に関しては一切利息がかからないというものです。

 

 

給料日前のお金がピンチの時など、短期間のうちに返済できるめどが立っている場合には、非常に有効な方法です。

 

お金がピンチいのときにはぜひ利用すると良いでしょう。

 

無利息サービスについてはココ⇒カードローンの無利息サービスって何?注意点は?

 

 

カードローンは銀行よりも大手消費者金融がオススメです。

 

なぜかといいますと、銀行カードローンは金利が安いので非常に魅力的ですが、融資実行までに時間がかかります。

 

 

「その日にお金がピンチで現金がほしい」となっても、実際に借りれるのは1週間後なんてことも決して珍しくありません。

 

これに対し、大手消費者金融なら申し込んだその日にお金を受け取ることも可能です。

 

 

ですから、「お金がピンチで今日中にお金が必要」という場合は大手消費者金融のカードローンを選ぶと良いでしょう。

 


第1位 アイフル


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須